作品展 2021/1/31

おはようございます。タカタクです。
本日は昨日あった娘が通う保育園の作品展に行った感想を3つに分けて書きます。
1.作品
2.お茶
3.絵画

1.作品
まずは、作品からです。
1年間かけて作成した、手編み毛糸を使ったヘアゴムやペーパーリーフィング、卒業制作として現在作成中の十二支の縫いものなどを拝見しました。
色使いが特に印象的で、白ベース作品のワンポイントにオレンジ色を使うなど、今まではピンク!紫!といった色をとにかく使いたがっていたのが、作品・テーマによって色を使い分けるようになったんだなと成長を実感しました。

2.お茶
次に、お茶です。
保育園で月に1回、お茶をたてていると聞いてはいましたが、娘がたててくれたお茶飲めるとは…
もちろんお茶の先生付き添いの元ではありますが、お作法バッチリ(むしろこちらの準備不足、日日是好日をもう一度見ておけばよかった…)で、自分が出来ないことをもうやり始めている娘に負けてはいられないなと。新しいものにチャレンジしなくなってしまった自分に気づく瞬間をもらいました。

3.絵画
最後に、絵画です。
これは娘だけではなく他の園児もそうなのですが、絵が画用紙いっぱいに想いを表現できているのが非常に感慨深く、こんなにみんな上手にかけるんだなという思いよりは、いつから自分は想いを表現しなくなったのだろう、という思いの方が強く、絵画始めようかと思いました。
絵画始めようかは(笑)ですが、自分の感じたこと・思ったことを何かで表現する(それが絵画なのか、音楽なのか、はたまた…)・伝えるというのはいくつになっても大事なことで、娘にいくつになってもそれができるように、父として見守りつつ、自分もその感覚を少し取り戻したいなと思いました。

最近特に思うのですが、娘の成長を実感=自分への気づき・フィードバック、のようになっており、娘から色々と刺激?をもらえています。
娘にも良い刺激を与えてあげれるよう、日々大切に過ごしていきたいなと思う今日この頃です。

本日はこのあたりで終わります、最後までご一読ありがとうございました。
本日も良い日となるよう、ぼちぼちやりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました