子供の叱り方 2021/2/2

おはようございます。
本日は(も?)、昨日あった娘とのやり取りです。

連日、娘はドリルを継続して頑張っているのですが、例によってプログラムのドリルが少し難しかったようです。昨日は「くりかえし」、テーマも保育園で行っている「ダンス」だったのでもう少し自分でわかりそうな印象を持ちつつ、フォローしながらどうにか正解にたどり着きました。
どうにも腑に落ちていない印象を受けた私は「保育園で教えてもらったダンスもさ…」とお節介を全開に、追加でフォローしようとしました。

しかし、娘はサッと片付けをしようと(しようとするだけ素晴らしいのですが…)、私から追加の話など聞く耳持たぬご様子。
「うーん、これでいいのかな。小学校に入って先生や友達から嫌われやしないだろうか…」と思った私は、「話を聞いていた?パパが何を伝えようとしていたか、パパに教えてくれる?」とロジカルっぽく質問してしまいました…
もちろん娘が答えれる訳もなく、「自分が話をしている時に誰も聞いてくれないと悲しいでしょ。パパも今すごく悲しいよ。パパには最悪してもいいけど、友達やママが話をしている時はちゃんと聞いてね。」と伝えましが、これはこれでよかったのかと今思うだけで3つ疑問が浮かびます…

疑問1:片付けしているタイミングで話をしようとしていたのは適切だったのか
⇨私自身が、「お片付けしてからもう少しお話してもいい?」と歩み寄ることは可能だった
疑問2:小学校に入って…、というお節介思考は適切だったのか
⇨どんな考え方・捉え方の先生・友達がいるかわからないのに、何の想定を置いているのか、自分が嫌だったから言いたくなっただけではないか
疑問3:パパには最悪してもいいけど…、という枕言葉は適切だったのか
⇨パパはそれでも娘を愛しているよ、という意味で添えたつもりですが、パパに限らず誰かを雑に扱っても良いというような捉え方を誘発しかねないか

また本屋さんで本を探してみようと思う今日この頃です。
本日はこのあたりで終わります、最後までご一読ありがとうございました。
本日も良い日となるよう、ぼちぼちやっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました