続ける力(娘との接し方) 2021/1/27

おはようございます。タカタクです。
本日も昨日の娘とのやり取りをテーマにしたいと思います。
本日は「続ける力」です。

昨日、娘はお手玉に夢中、私もこうやったらいいんじゃないの?と本当は娘に考えて欲しいことを出しゃばって一緒に楽しんでいました。
ふと時計を見ると、もう20時。そろそろドリルを始めて欲しいなーと思っていたそのタイミングで、お手玉が一気に上達してしまったのです。娘と私は大喜び、やったー!やったー!と最初は同じ様に喜び、娘はお手玉をもっともっと、私は娘の上達を喜びつつもまたもドリルが頭に浮かびました…
そろそろ寝る時間が近くなってきた娘に「ドリルは今日はいいの?」と聞くと、「今日はいいー!」とのこと。ですよね、そりゃ出来ることができたんだもの、今が一番楽しいと言っても過言ではない。

15分ほど悩んで、私の思いを素直に伝えてみました。
・お手玉が急に出来る様になって、今が一番楽しいと思っているだろうと思っていること
・このまま続けたらもっと上達したって実感すると思うこと
・いつか上達してないって思う時が来ること
・その時にそれでも続けるんだって思えて頑張れるかが大切になるときが来ると思っていること
・ドリルはその「続ける力」を身につけるきっかけとして考えていること
・ただ、楽しいと思わないなら、今は無理して嫌うことをやらなくてもいいと思っていること

すると娘は「ドリルやるー!」とドリルを持ってき、すうじのドリルだけではなく、最近苦戦していたプログラムのドリルも楽しそうに始め、さらには苦戦した「じゅんじょ」のページを開いて、「まだこれはもう1回やらないの?」と。
「じゅんじょ」は難しくてできなくて、プログラムのドリルが楽しくないと思わないといいなと勝手に思い込んでましたが、できなかったことが悔しかったんだなと。ハッとさせられました。
純粋に出来ることが増える喜びを素直に実感したい子供の側面を、自分の頭だけで考えた結論で、消してしまうところでした。

子供だから何も伝えない、というのも違い、子供だからと思わずに色々と伝えることで、子供の思っていることなど逆に教えてもらえるんだなと気づくいいきっかけとなりました。

本日はこのあたりで終わります。
最後までご一読いただき、大変ありがとうございました。
良い日とできるよう、今日もぼちぼちやっていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました